在庫処分モデルとは?

在庫処分モデルは、売れ残った商品や過剰在庫ををかかえた商品を値下げして売りさばきたいときに利用するモデルです。

このモデルは次の3項目を入力すると段階的に値下げを実行します。
  1. 【目標残り在庫数】
    売り切りたい場合は「0」にします。
  2. 【売りさばきたい期日】
    60日後に売り切りたい場合は「60」と入力します。
  3. 【下限価格】
    ここで設定した価格以下にはなりません。
    例えばこのモデルに紐づける商品が10,000円で下限価格を60%オフで設定したら、4,000円以下にはなりません。

モデルに商品を紐づけ翌日以降から価格が変更します。

この時点で下記のような価格テーブル(在庫処分シート、参照表1)が自動的に生成されます。

判定日に割り振りられた在庫数以上の在庫がある場合は、値下げ対象になりません。

つまりこの在庫処分モデルは単純に値下げするだけでなく、値下げせず売れる商品は必要以上に値下げしない仕組みになっています。(参照表2)課題は売れない商品は段階的に値下げしても売れない場合が多いので、他のモデル(売れ行き連動モデル)を利用する方法もあります。


throoughの機能一覧

機能1

処分したい在庫を期日までに段階的に値下げして、利益確保を目指します。

詳しくみる
機能2

ある一定期間売れていない商品を自動検知して値下げを行い、キャッシュフローの健全化を目指します。

詳しくみる
機能3

自社内在庫が残り僅かになったら、値段を上げて利益を確保します。

詳しくみる
機能4

機械学習の一種である「強化学習」を用いて、最適な価格を自動で探索し、利益の最大化を目指します。

詳しくみる
機能5

販売実績に連動して価格を上げ下げするモデルです。販売実績とは その期間の販売数 / 在庫のあった日数 として算出しています。また、在庫のあった日数が0日だった場合は価格の変更を行いません。

詳しくみる
機能6

指定された期日までに利益を最大化しつつ在庫が0となるよう機械学習を利用して価格を調整するモデルです。
注文が入るたびに学習を行いリアルタイムで価格を変動するモデルとなります。

詳しくみる