希少性モデルとは?

希少性モデルとは、自社の在庫が少なくなった時に自動で価格を上げるモデルです。このモデルは次の3項目を入力します。

このモデルは次の3項目を入力します。
  1. 値上げを実行する在庫数を入力します。
    この値の在庫になると自動で値上げします。例えば残り在庫2個になったら、値上げしたい場合、「2」と入力します。
  2. 値上げする価格を入力します。
    何%アップと何円アップの2種類から設定できます。
  3. ただし、値上げして売れない場合もあるので、値上げする期間を設定します。
    その期間に売れない場合、元の価格に戻す設定ができます。
    例えば、5000円の商品があり、残り1個で価格を1%上がる設定の場合、在庫が2個→1個になった時点で処理が行われ数分~十数分で価格が5050円になります。
    価格を上げたのち平均販売間隔の2倍の期間で売れなければ価格を5000円に戻す設定をしており、その期間で売れない場合は翌日に5000円に戻ります。

throoughの機能一覧

機能1

処分したい在庫を期日までに段階的に値下げして、利益確保を目指します。

詳しくみる
機能2

ある一定期間売れていない商品を自動検知して値下げを行い、キャッシュフローの健全化を目指します。

詳しくみる
機能3

自社内在庫が残り僅かになったら、値段を上げて利益を確保します。

詳しくみる
機能4

機械学習の一種である「強化学習」を用いて、最適な価格を自動で探索し、利益の最大化を目指します。

詳しくみる
機能5

販売実績に連動して価格を上げ下げするモデルです。販売実績とは その期間の販売数 / 在庫のあった日数 として算出しています。また、在庫のあった日数が0日だった場合は価格の変更を行いません。

詳しくみる
機能6

指定された期日までに利益を最大化しつつ在庫が0となるよう機械学習を利用して価格を調整するモデルです。
注文が入るたびに学習を行いリアルタイムで価格を変動するモデルとなります。

詳しくみる
機能7

利益実績に連動して価格を上げ下げするモデルです。利益実績とは その期間の利益額 / 在庫のあった日数 として算出しています。また、在庫のあった日数が0日だった場合は価格の変更を行いません。

詳しくみる